ABOUT

「真眼塾」とは

真眼塾とは、写真家石黒健治さんを講師に迎えた写真ワークショップです。昨年第2期を終了し、2015年より第3期をスタートいたします。
写真集『健さん』『広島HIROSHIMA NOW』などの写真家として、また、今村昌平監督の『人間蒸発』の撮影や『無力の王』(東映セントラル)の監督など、様々な作品に携わり、今もなお写真を撮り続ける石黒さんとともに、《写真》を根源的に問い直して、実際の撮影に活かしていこうという試みです。
毎回1つのテーマに対して石黒流の切り口でその謎を解き明かし、写真を見る、撮る視点を学びます。真眼塾は〈写真の眼〉のことですが、真贋、心眼の意味も含んでいます。
石黒さんが指摘する視点を一つずつ実践しながら、伝わる写真の撮り方を一緒に学んでみませんか。
また、講座修了時には、ご参加頂いた皆さんでの写真展を予定しています。

石黒健治
写真家 石黒健治 プロフィール

1935年福井県生まれ。1959年桑沢デザイン研究所修了。同年、写真協会新人奨励賞受賞。主な写真展に「不幸な若者たち」「ナチュラル」「シアター」「夫婦の肖像」など。写真集は「健さん」「広島HIROSHIMA NOW」「ナチュラル」など。そのほか、ミステリードキュメント「サキエル氏のパスポート」を出版。また、映画「人間蒸発」(今村昌平監督)の撮影担当、「無力の王」(東映セントラル)を監督など、多方面で活躍。作品集『沸騰時代の肖像 PORTRAITS OF THE 60S』 石坂浩二、五木寛之、加賀まりこ、鈴木いづみ、津川雅彦、寺山修司、美輪明宏、吉永小百合、唐十郎、麻丘めぐみ、浅川マキ、阿部薫、岡田真澄、浜美枝、長門裕之……1960年代を彩った、豪華スターたちの肖像。全点モノクロ、写真約120点所収。

» 石黒健治Webサイト : http://ishigurokenji.com/

概要

昼の部 毎月第3土曜日開催 11:00〜14:00(予定)
場所:NEURO KICHIJOJI
〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1-8-9 パークハウス90-105
(吉祥寺駅より徒歩約10分)
夜の部 毎月第3または第4水曜日開催 19:30〜21:00(予定)
場所:NEURO TOKYO
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13−2 2F
(地下鉄銀座線外苑前駅より徒歩7分、JR千駄ヶ谷駅より徒歩9分)
講師 石黒健治
参加費 3,000円(1回)
持ち物 カメラ(実践の時に確認出来るようデジタルカメラをお勧めします。携帯でもOKです)

注意事項

  • 昼の部と夜の部の講義内容は同じです。ご都合の良い方にご参加ください。
  • 日時や場所が変更になる場合がございますので、NEWS & REPORT の最新情報をご確認ください。
  • 1回だけのお申し込みも可能です。